和歌山県のポートランド人ブルワー

今回のコラムによる本ブログの読者さんに僕は大好きな人物のBen Emrich(ベン・エムリック)さんを紹介したいと思います。ベンさんに出会ったのはポートランドにて2018年でした。日本で住んだこたはあり、ホームブリュ(ビールの自家醸造)は上手のポートランダーのベンさんの評判を認識して彼と飲みに行きました。友達に成ってくれたベンさんは本当にナイスガイで、クラフトビールに関して情熱はすごい。

2019年にベンさんは日本に戻ってプロブルワーになりました。勤め先の醸造所は和歌山県の有田川町にある「NOMCRAFT BREWING」です。NOMCRAFTは改造された保育園の中に位置して、600リットルバッチサイズのブルーイングシステムはあります(同じ施設に「GOLDEN RIVER」というクラフトビールのタップルームもあります)。2019年5月からNOMCRAFTはビールを発売して現在に日本全国に流通されています。

クリスマス休みのためにベンさんはポートランドに帰って、彼と簡単はインタビューをさせていただきました。日本のクラフトビールシーン、和歌山での生活、これからの予定に関する質問を聞きました。そのインタビューのコンテンツを楽しみください!

オ州酒:プロブルワーの仕事はどうですか?どのようなビールを作りましたか?

ベンさん:仕事は楽しい!今まで、様々なビールスタイルを作っていますが、ホップをよく使用するビール(IPA)は多い。それ以外にスタウト、レッドエールも作りました。お陰様で北海道から沖縄までNOMCRAFTのビールは販売されています。そして、色々な祭りに出店します。

オ州酒:和歌山での生活に関する一番びっくりすることとは?

ベンさん:地元の人々の暖かい応援はすごいです。ブルワリーではヘルプは必要であれば有田川町のコミュニティーは助けて下さる。皆さんはとても優しくノーチャージで色々してくれます。例えば、ビールフェスタ用のブース作り、ビールに使用する柑橘系のフルーツのソーシング。 オ州酒:ポートランドのビールシーンと日本のビールシーンの一番大きな違いは何ですか?​ ベンさん:ポートランドではブルワーの皆さんはオープンで情報交換します。しかし、日本では情報交換をしない醸造所はまだ多いです。そして、ポートランドのブルワリーはすごく独創的でとにかく何でものビールを作ってみます。日本醸造家の方は既存のビールを完璧につくることによりフォーカスします。

オ州酒:今の仕事で、一番勉強になったことは何ですか? ベンさん:日本では、消費者、バーのオーナー、お客船に実際に会うことはすごく大事だ。メールキャンペンのようなお客さんと距離のあるアプローチには効果をしない。但しお客さんに対面すると、そのお客さんたちはより関心を寄せいくれます。リレーションシップを立つと、お客さんたちは彼らのネットワークに僕らを紹介して下さる。

オ州酒:一番チャレンジングなことは? ベンさん:ビールの酒税だ(笑)。日本の酒税は1リットルに220円です。逆にアメリカの酒税は1リットルに2円です。そして、日本のクラフトビール市場はまで若いのでIPA以外の様々なビールスタイルはまだそんなに知られていない。

オ州酒:関西エリアの好きなビアバー、醸造所はどこ? ベンさん:個人的にメロー、リラックシングな場所は好きです。よく通うのは、BEER BELLYスタンドうみねこDRUNK BEARSALE HOUSE加美屋YELLOW APE CRAFTです。

オ州酒:将来の予定は? ベンさん:サワービール、樽熟成ビールを作りたいですね。そして、色々コラボビールを作る予定です。近い将来、コラボ相手は東京のIBREW、 京都のLen、滋賀県のHINO BREWINGになります。これから、もっと地元の素材をビールに使いたいです。

••• オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアー、ワインツアー、スピリッツツアーはこちらへ