1月のニュースラウンドアップ

February 3, 2019

オレゴンでのお酒シーンでは1月のニュースはかなりありました。早速に報告差し上げます!

 

Swift Ciderは春にタップルーム&レストランをオープンする。

 

Swift Cider(スウィフト・サイダー)はポートランドの北部のインダストリアルエリアに製造所はありますが、一般のお客さんはサイダーを楽しむお店がない。よって、1月にスウィフト社は新しい飲食店のオープンする予定を発表しました。開店のタイミングは春であり、場所はピードモントネイバフッドらしいです。ポートランドの他サイダーパブから少し離れているロケーションですからより成功し易いだろう。

 

 

Leikam Brewingも新しいタップリームを

 

2018年8月にフィーチャーしたLeikam Brewingも新しいタップルームの計画を発表しました。以前に報告したのようにライカム夫妻は家の裏庭にナノ醸造所はありますが、タップリームはありません。ですからタップルームの最も重要な目標はお客さんにかららのビールを飲むようなより便利な場所を提供するです。タイミングは今年の夏、住所は5812 E. Burnsideです。

 

 

新しい葡萄栽培地は米国行政に認定されました。

 

オレゴンワイン業界誌の「Oregon Wine Press」による米国行政は特定葡萄栽培地(AVA)としてVan Duzer Corridor(ヴァン・ドューザー・コリドア)エリアを認定しました。その地域の特徴は午後2時〜3時くらいに海の風が吹くこと。よって、つるのカビは少なく農薬の使用は少なくなる。場所として、涼しいので葡萄の皮は厚くなり、色やタニンはより出る。ヴァン・ドューザー・コリドアは認定されますと、オレゴンの認定されている特定葡萄栽培地の数は19となっています。

 

 

Buoy BeerPilot Houseディスティラリーを買収しました。

 

オレゴン州のアストリア市のブイビールは同じアストリア市の2013年設パイロット・ハウスクアフトディスティラリーの買収を1月に発表しました。その理由は面白いです。現在、アメリカのクラフトビール醸造所の軒数は6,000以上であり、競争は激しくなり、ビールの売り上げはこれからずっとに伸びる訳ではない。よって売り上げを拡大するため違う分野(スピリッツ)に別のフォーカスをする。

 

 

Widmer Brothersはパブをクローズしました。

 

1月にウィドミアーブラーザーズはパブの閉店を急に発表しまひた。ウィドミアーはポートランドのクラフトビールのパイオニアであり、地元のビールコミュニティーはかなりショックしました。本当に残念です。2〜3年前までちょと「疲れた」ウィドミアー社はイノベーションブルワリーを立ち上げ、新しいビールをパブでどんどん提供しました。その新しいビールの高品質による会社のイメージはかなりリバウンドしました。尚、イノベーションブルワリーや本醸造所は引き続きで製造しますが、パブはないと寂しいです。。。

 

 

                     •••

 

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアー、ワインツアー、スピリッツツアーはこちらへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.