2018年の日本の「ビールの旅」

April 24, 2018

皆さん、少しお久しぶりです。毎年のように、2018年にも奥さんのレイちゃんと娘のハナちゃんと日本で春休みをとり、やっと時差ボケのリカバーをできました。今回、タイミングは非常によくお桜の満開期に来日しました。日本国はピンクになって感動的でした。そして、天気は最高であり、何回もお花見をしました。ラッキー!今年の春休みは京都市及び和歌山県(和歌山市、紀伊勝浦)で過ごしました。

 

相変わらずこ春休みは日本のクラフトビールの試飲、クラフトビールバー・ブルワリーにお邪魔するチャンスです。今年の春休み中に飲んだビールまたは訪ねた場所を簡単に紹介します:

 

 

京都

1年ぶりの京都は相変わらず観光客でいっぱい!そして、京都のクラフトビールシーンは結構盛り上がっています。今回、訪ねたのは3軒:


Bungalow

 

バンガローの四条堀川店の方にお邪魔しました。いいお天気でしたので一回のバーエリアはオープンエアの状態になって気持ちよかった。日本国産クラフトビールは出ますが、日本酒、焼酎、レモンサワーもあります。フレンドリーでリラックスようなお店です。

 


TAKANOYA

 

烏丸通の高野屋麦酒店は3回目。主に海外のクラフトビールを扱うお店です。店長の高野さんはすごくナイスガイであり、ポートランドクラフトビール&ハードサイダーの大ファンです。お店は改造された町屋でめっちゃ格好いいです。

 

 

Spring Valley Brewing

 

先日に「Fuji to Hood」コラボ祭りにご参加して頂いたスプリングバレーブルワリー京都店もリノベーションされた町屋です。すごくお洒落なお店です。ビールは他のブルワリーよりデリケートな味をして特に女性に人気だろう。ご飯の美味かった。

 

 

和歌山

和歌山県は基本的に初めて、大好き!そして、行く前に思ったよりビールのレベルは本当に高い。皆のハートは暖かく戻りたいです。

 

Voyager Brewing

 

紀伊田辺市のVoyager Brewingは結構新しく、ポートランドっぽくの雰囲気がします。タップルームと醸造所の間に壁は無く、醸造所の作業は綺麗に見えることは日本のブルワリーとして珍しい。ニューの醸造所のにイギリスエール酵母使用するビールどれでも美味しいです。
 

 

Heiwa Craft

 

Fuji to Hoodにご参加してくれた平和クラフトは海南駅から少し離れた場所に位置しています。90年前くらいに設立された日本酒メーカー平和酒造の事業です。「紀土」銘柄の日本酒は素晴らしく、一人で仕込む女性ブルワー(高木加奈子さん)に作られるビールは感動的です。

 


NEST craftbeer&coffee

 

ネストはもしかして和歌山市の唯一のクラフトビール専門店。場所はリノベーションされた商店街に映画館らしいです。ビールメニューはかなり厳選されています(志賀高原、京都醸造、鬼伝説、ポートランドのHair of the Dogなど)。狭いボトルショップもあり。

 

 

                                                                                 •••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアー、ワインツアー、スピリッツツアーはこちらへ

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.