オレゴンブルワリーのプロフィール(8):Ruse Brewing

June 13, 2020

4月からスタートしたちょっとしたミニシリーズの引き続きです。シリーズの目的として、日本までクラフトビールを送るオレゴンのブルワリーのか簡単な紹介です。その紹介によって少しだけ各ブルワリーのストーリー、コロナ対策、これからのビール市場に関する予測を共有します。尚、コロナの悪期中には日本の皆さんに国産クラフトビール醸造所を支援して頂きたいと思います。やっぱり、「Drink Local!」はもの凄く大事です。だが、たまにオレゴン産のビールを飲んで頂けば大変有り難いです!
 

                 ・・・

 

今回紹介したいブルワーは2018にデビューしたRuse Brewingです。ポートランドのビールギークコミュニティに大人気なルーズのオーナーさんはShaun Kalis(ショーン・カリスさん)と Devin Benware(デヴィン・ベンウェアさん)は元々他のブルワリーで醸造歴はあり、独社の施設のオープン前にポートランドのカルミネーションブルーイングでファントム醸造をしていました。その期間中に彼らのビールはかなり好評になったため、独自のタップルームをオープンしてからすぐに毎日満員になりました。幅広いビールスタイルを作りますが、ビールの主なフォーカスはベルジャンスタイル、サワー、ヘージーIPA とウェストコーストIPAです。醸造歴は比較的に小さいであり、ビールは人気ですから中々日本で手に入らないです。最近、北海道のえぞ麦酒はルーズのビールを時々に輸入します。

先日、オーナーのショーンさんとメールインタビューをしました。その取材によってショーンさんはポートランドのビールシーン、自社の現況を説明して下さった。

ぜひ、ご拝見ください:

 

デヴィンさん(左)、ショーンさん(右)

 

 

オ州酒:日本に行ったことはありますか?もしそうなら、何回?何処に行きましたか?

ションさんはい、2019年6月に大阪と東京に行きました。 日本は大好きになりました!

 

コロナ前にタップルーム

 



オ州酒好きな日本のクラフトビールは?

ションさん湘南ビールのシュバルツビール、常陸野ネストビールのホワイト。
 

 湘南ビールの筒井さん(左)、ショーンさん(右)

 


オ州酒:コロナウイルスのパンデミックによって、貴醸造所が行った大きな変更は何ですか?​

ションさん:僕らは完全缶詰ビールにシフトしました。 そのシフトは、弊社にとって非常に上手くいっています。アフターコロナでも、缶ビールによるテイクアウトモデルを使い続けると思います。タップルーム再開の際、ドラフトビールを勿論再び提供しますが、缶ビールをもっと組み込むかもしれません。

 

 最近に出した缶ビール

 

 

 

オ州酒:コロナウイルスの「希望の光」はありますか?​

ションさん:色々学んだことです。小規模な状態を維持することは、予期せぬ課題や問題が発生したときに、ビジネスモデルをシフトする最も簡単な方法と分かってきました。

オ州
:日本のファンたちへのメッセージは?

ションさんWE LOVE YOU JAPAN! 日本に戻って、ビールを日本に送るのが待ちきれません!
 


                   •••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアー、ワインツアー、スピリッツツアーはこちらへ!オンラインサービスはこちらへ

 

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.