オレゴンブルワリーのプロフィール(4):Ecliptic Brewing

May 3, 2020

4月からスタートしたちょっとしたミニシリーズの引き続きです。シリーズの目的として、日本までクラフトビールを送るオレゴンのブルワリーのか簡単な紹介です。その紹介によって少しだけ各ブルワリーのストーリー、コロナ対策、これからのビール市場に関する予測を共有します。尚、コロナの悪期中には日本の皆さんに国産クラフトビール醸造所を支援して頂きたいと思います。やっぱり、「Drink Local!」はもの凄く大事です。だが、たまにオレゴン産のビールを飲んで頂けば大変有り難いです!
 

                 ・・・

 

今回、ポートランドの名醸造所Ecliptic BrewingとそのレジェンドオーナーのJohn Harris(ジョン・ハリスさん)を少し紹介したいと思います。ジョンさんはオレゴンのクラフトビール革命時代の80年代からずっとビール業界で働きイクリプテックを立ち上げる前までオレゴンのMcMenamin'sDeschutesFull Sailでビールの仕込み歴はあり、その時に発想したレシピを使うビールはまだまだベストセラーです。そのあとに独立になり、2013年にイクリプテックを設業しました。尚、イクリプテックには、様々な特徴はあります。まず、ポートランドとしてまま大規模な醸造所です:ワンバッチは約3,500リットル(30バレル)です。そして、以前からキャパは多く、スループットは早い缶詰ラインはあり缶ビールの販売は多い。1年中に幅広いビールスタイルをつくりますが、やっぱりウェストコーストIPA、ヘージーIPAはフラッグシップになっています。そして、パブレストランのお料理は非常に美味しい。

 

 

 いつもお世話してくれるジョンさん(右)。



もちろんコロナウィルスの影響でそのレストランでの店内飲食は禁じていますが、ビール&フードのテークアウトを提供しています。仕込みのキャッパは大きく、カンニングラインはハイスピードの陰でイクリプテックは広い範囲のスーパー、コンビニにビールを仕入れていますので比較的に販売はぼちぼち
です。日本にもビールを出して、輸入社はファーマースです。

 

この間、ジョンさんとメール取材をして、彼は語ることをシェアします:

 

 

オ州酒日本に行ったことはありますか?もしそうなら、何回?何処に行きましたか?

ジョンさん去年、フッド・トゥ・フジビールフェスティバルのために日本にいました。 僕はほとんど東京にいました。 常陸野ネストへのバスツアーにも参加しました。 東京を出て、日本のカントリーサイドへ行って良かった。

 

 木内酒造ご訪問中のジョンさん(左)。木内酒造の木内洋一さんは右に立っています。

 

 

オ州酒好きな日本のクラフトビールは?
ジョンさんフッド・トゥ・フジでは、すべてのビールは美味しかった。 それ以外、常陸野ビールの大ファンです。 そのビールを本場(木内酒造)でそのビールを頂くの大変楽しく光栄でした。 去年にハーベストムーンと一生に作ったコラボビールは素晴らしいと思いました。

 

 

オ州酒:コロナウイルスのパンデミックによって、貴醸造所が行った大きな変更は何ですか?​

ジョンさん2020年のポートランドでおけるフジ・トゥ・フッドフェスティバルは本来4月25日に開催する予定がありました。パンデミックのために、そのフェスティバルは延期され日本の醸造家がポートランドまで来られなかった。やっぱり、少し寂しいです。 弊社の話を申し上げますと、まだビール工場で忙しいです。 缶ビールをたくさん作っています。生産を続けるには安全対策を講じる必要がありました。 このウイルスは今後すべてを変えたと思います。 日本とアメリカの間で再び旅行することができるか? ビール祭りはまた開催されるか? 誰も知らない現況です。

 

UCHU BREWINGの楠瀬さんと。 

 


オ州酒:1年後、オレゴン州のクラフトビール業界はどのように違いますか?​
ジョンさん:うまくいけば、1年後には、パブや醸造所が通常の時代に戻ってきたことを願っています。その時までコロナの影響によってパブ、タップルームは閉店のままか、中途半端営業をします。

 

 

オ州酒:コロナウイルスの「希望の光」はありますか?​

ジョンさん:この目に見えないウイルスは世界を変えました。どこにでもありますね。このウイルスは、世界中の人々を結ぶ呼びかけです。我々は皆、ウイルスの影響を受けています。そして今こそ、皆は手を繋ぐべき時代です。

 

 

オ州酒:日本のファンたちへのメッセージは?
ジョンさん:日本の皆様は僕たちのビールを買って頂いて、
Eclipticに暖いサポートしを与えてくれて、心より深い感謝の気持ちをします。 お身体にお気をつけて、手をよく洗ってください!



                  •••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアー、ワインツアー、スピリッツツアーはこちらへ

 



 

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.