12月のニュースラウンドアップ


皆さん、もう1月中旬になりましたね。大晦日は遠昔の感じがします!クリスマス・お正月休みで少し忙しくなりましたが、父母親にお会いできてよかった。でも忙しくなるために12月のニュースのオレゴンお酒シーンの報告は遅く成ちゃった。。。m(_ _)m では、先月のニュースラウンドアップを差し上げます!

PDX(ポートランド国際空港)でホップワーックス直営店のオープン!

ポートランド国際空港はより美味しくなりました!12月にポートランドの名醸造所「Hopworks」は空港内にタップルームを開店しました。ビールのラインアップは市内のお店ほど多くないが、値段は市内と同じだ。空港のビールとして安っ!

グレートノーションの「お歳暮」セット

12月にポートランドのホットなブルワリーのGreat Notion(グレート・ノーション」はホリデーシーズンを間に合うように素敵なお歳暮っぽくなギフトセットをリリースしました。中身として、大人気なメープルシロップやコーヒーを使用する「ダブルスタック」のバーボン樽熟成限定品だった。それプラス栓抜き、帽子、クラスの付いていた。「欲しい!!!」と思ったが、サンタちゃんは少しけちだった(涙)。

デシュッツはレイオフを

12月の中旬にオレゴン州の最大ビール醸造所のDeschutes Brewery(デシュッツ・ブルワリー)はスタッフの10%のレイオフを発表しました。原因はクラフトビール市場の激しい競争だそうです。アメリカではん、クラフトビール醸造所の軒数はかなり増えて、デシュッツの売れ上げは予想以下に伸びませんでした。そして、東海岸の第3工場を立ち上げる計画は停止となりました。

ワインカントリーにて新しいグルテンフリータップルームはオープンしました。

Photo credit: New School Beer

オレゴンワインカントリーのど真ん中に位置するMcMinnville(マックミンヴィル市)ではBierly Brewing(ビアリー・ブルーイング)はタップルームをオープンしました。ビアリーは2016年からグルテンフリービールオンリーを製造して、去年末から醸造所施設内に場所を空けて消費者と対面できるリテールスペースを提供しました。因みに、ビアリーはマックミンヴィル市の2軒目のグルテンフリーブルワリーです(もう一つはEvasion Brewingです)。

Royale Brewingは売り出し中

また悲しいニュースはあります。おそらく日本人に知られていないRoyale Brewing(ロイアル・ブルーイング)は12月に売り出し中となりました。本当に残念です。ブルワイー施設内のタップルームはメッチャ格好良く、ビールの味は大好き。。。

•••

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアー、ワインツアー、スピリッツツアーはこちらへ