12月のニュースラウンドアップ

January 5, 2018

皆樣、明けましておめでとうございます!良いお正月休みを過ごしましたでしょうか?僕は12月31日〜1月6日両親のお家でゆっくり休みしています。今年のお正月の時期は非常に寒く、夜は−19℃になっています!

 

去年の12月(先月)のオレゴンお酒シーンには、色々なニュースがありました。早速ですが、そのニュースを共有します:

 

 

de Garde Brewingは新ブルワリー&タップルームをオープンしました。

 

オレゴンコーストの名醸造所のde Garde Brewing(デガード・グルーイング)のファンたちは以前から限られた営業時間のタップルームを訪問するため外で行列をしなければなりませんでした。雨がよく降るオレゴンコーストで外で行列することは大変です。そして、以前のタップルームは狭いため座る場所がほとんどなかった。ですからデガードは営業時間はより長く、場所はより広いタップルームを先月にオープンすることは本当にグッドニュースです!

 

 

オレゴン州はアメリカホップ産地の3位におちました

 アメリカの農林省のデータによる、アイダホ州のホップ収穫急増のためにオレゴン州は2017年にホップ産地としてナンバー2からナンバー3になりました。なお、ワシントン州、アイダホ州、オレゴン州を合わせてアメリカさんのホップの99%を作ります。スゴイね。。。オレゴンでは一番作られたホップ品種はカスケード、センテンイアル、シヌックでした。

 

 

SE Wine Collectiveはご飯をレベルアップしました。

 

ポートランドのサウスイースト地区の素晴らしいワインインキュベータースペースのSE Wine Collective(サウスイースト・ワイン・コレクティブ)はご参考になる場所であり、アーバン(市内)ワインツアー中にワインバーをよく訪ねます。以前からつまみのようなご飯へ出ましたが、店内のシェフさんに発想によるフードメニューはより広く、より美味しくなりました。ご飯はレベルアップされたことを表現するように店名はOui! Wine Bar + Restaurantになりました。

 

 

Fat Head'sはVon Ebertになります

 

ポートランドのFat Head's(ファット・ヘッズ)醸造所はオハイオ州の本社のライセンス更新の問題で、2018の春に「Von Ebert」というインディペンデントな醸造所になります。正直に言いますと、Fat Head'sの様々なIPAは結構好きですが、店内の雰囲気が嫌いだった。ですからVon Ebertになることを少し期待します(元コモンズ醸造家のSeanさんはジョインしますので特に期待しますね!)。

 

 

そして、オレゴン州で醸造所は2つ増えました

 

オレゴン州の一番大きな町として、ポートランドにはオレゴンのクラフトビールシーンの先端地です。しかし、ポートランド以外にクラフトビール醸造所は多くなっています。事例としてオレゴン東部のLa Grande(ラ・クランド市)にSide A Brewingは最近にオープンしました。そして、オレゴンワインカントリーにEvasion Brewingも立ち上がれて100%グルテンフリービールを提供します。

 

 

 

 

 

•••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアーはこちらへ。ワインツアーはこちらへ。スピリッツツアーはこちらへ

 

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.