オレゴンビールを提供する「Brewpub Pacific N.W.」

January 9, 2017

 オ州酒ブログの読者さんの皆さん、明けましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いします!2016年は大変面白くて忙しくて、2017年にどのような冒険があるかお楽しみにしています!

2017年の初コラムとして東京にあるオレゴン州及びいワシントン州のビール専門ビアバーの「Brewpub Pacific N.W.」(ブルーパブ・パシフィック・N.W.)を紹介します。このアットホームなお店のオーナーさんは駒崎里美(コマザキ・サトミ)さんです。2016年6月にブルーパブ・パシフィック・N.W.をスタートした里美さんは以前にPSU(ポートランド州立大学)に留学したことがあり、ポートランド滞在中にクラフトビールのファンになりました。

 

 いつも明るいの里美さん。

 

 

クラフトビアバーをオープンするきっかけは日本人に米国のパシフィックノースウエスト地域(オレゴン州&ワシントン州)のビールを紹介することでした。里美さんは日本のお客さんに「アメリカのクラフトビールはサンディエゴのビールだけではない」ことを納得して欲しくて、お店にオレゴンやワシントンしか扱わない。生ビール5タップがあり、最近によく提供するビールはCoalitionCulmination, Mazama, Pyramid, Fish, Schooner Exactです。ビール以外にハードサイダー(Reverend Nat's)及びウイスキー(Rogue )も提供します。

 

ブルーパブ・パシフィック・N.W.の特徴はそのフレンドリーさです。里美さんは非常に明るい方であり、誰でもがウエルカムのような場所を作ってくれました。お子様たちもウエルカムですので女性のお客さんにとって入り易いバーです。

 

 珍しく、キッズはOKです!
 

 

お店の片面にデカイ窓がありますので緑がよく見られ、開放感があるスペースです。お客さんの半分くらいはクラフトビールの愛好者であり、その他の半分は近所の方々だそうです。里美さんによってお客さんはポートランドに関するご関心がよくあります。

 

 窓は広く、明るいお店です。

 

 

なお、お店のネーミングに「ブルーパブ」がありますが、まだまだその場でビールを作っていません。店内でビールを醸造するまで里美さんはとりあえずコラボビールを作る予定があります。実は2016年12月にポートランドの「Labrewatory」で初コラボビールを作りました!コラボで仕込んだのはラズベリー使用のチョコ風味をするスタウトビールの「iValentina」です。僕は知る限り、初めての日本ビアバー&オレゴンブルワリーのコラボビールです。。。そして、2月にお店で誕生します。飲みたいなぁ。。。

 

Labrewatoryのチャーリーさんと仕込み中。

 


里美さんのお店は表参道駅または渋谷駅から歩いて少し遠いですが、行く価値は絶対あります。Happy Hourもあります!お時間があれば是非お訪ね下さいませ!

 

 

Brewpub Pacific N.W.

〒107-0062

東京都港区南青山7丁目2-7 2階​

 

 

 •••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアーはこちらへ。ワインツアーはこちらへ。スピリッツツアーはこちらへ

 

 

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.