オレゴンワインの新類容器

November 19, 2016

本ブログの讀者様、ご無沙汰です!夏はツアーで大変忙しく、9月から日本(2回!)、アメリカの東海岸、フランス、スペインへ行ってブログの更新が中々出来ませんでした。大変申し訳ありません m(_ _)m。さて、久しぶりにブログの記事を掲載しますが、今回はポートランド・オレゴンのワインシーンの面白い発展を紹介したいと思います。それは最近に出っている新類のワイン容器です。

 

 

ワインのサーバー

 

最近ワインのサーバー(ケグ)がポートランド市内で増えってきました。ワインのサーバーはビールのサーバーと基本的に同じ容器であり、同じタップシステムを使用しますつまり、サーバーワインを扱うお店のスタッフはタップからワイングラスにワインを注ぐ。

 

 Photo: Coopers Hall

 

 

 

クラスワインをよく提供する飲食店にはワインサーバーのメリットが沢山あります。一つは味保管や統一性です。流通方法、運輸、店内のハンドリングなどによって瓶ワインに汚染されたコルク使用、酸化、加熱が可能です。サーバーにはそのような問題はほとんどないです。

その上、サーバーワインのコストメリットもあります。アメリカの場合、ワインサーバー一本は便ワイン25〜26本と同じ数量となります。その結果、サーバーを使いますとワイン瓶26本の必要性はなくなります。26本の瓶よりサーバー一本は軽いので運送コストは安くなる。ですから、サーバーワインのプライスが安くなるはずです。

 

 



エコのメリットもあります。サーバーなら容器は捨てられずリサイクルされます(ワイナリーへの返し)。26本の瓶より軽いので運輸用の燃料の削減が行います。そして、瓶より洗浄用に必要のお水は少なくなります。

 

 

 

ワインのグラウラー

 

上記の説明の通り、ワインサーバーのワインは通常に店内グラスワインとしてお客さんに出して上げます。なお、サーバーワインによるもう一つの出し方があります。それはワイングラウラーのことです。ワイングラウラーはビールグラウラーと全く同じコンセプトです。つまり、タップから注げらたワインを持って帰る用の容器です。ビールのグラウラーのように量り売り性ですので容器(グラウラー)の大きさによるワインの値段は変わる。
 

 




そして、ワインのクラウラーはビールのクラウラーと同じく様々な大きさ、形、素材(グラス、セラミックなど)があります。実は、オレゴン州の法律によるキャップがあれば何でもの容器はグラウラーになれます。僕はグラウラーとしてメイソンジャーを使うお客さんをよく見かけます!

 

 かなり格好いいワイングラウラー
 

 

 

なお、ワインクラウラーにはビールクラウラーと同じメリットがあります。例えば、再使用することによるにエコ性。そして、飲食店によるグラウラー入りワインの方が安いです。

 

 

 

缶ワイン

 

最近、ポートランド・オレゴン州では缶ワインは誕生しました。今、ワイナリー2〜3社くらいは缶ワインを出しています。ですから缶ワインはまだまだ珍しいです。おそらく、一般な消費者にとって缶ワインは「安っぽい」または「不味い」イメージをします。確かに今まで飲んだ缶ワインは世界一の美味しいワインではありません。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便利だろ。。。

Photo:  Imbibe Magazine

 

 

 

でも、やっぱり缶ワインにメリットがあります。まず、便ワインと違って缶ワインはワレモノになりません。アウトドアパーティー、キャンプ、コンサートなどの時にそれは大事なことですね。缶ならシングルサービングとなります。従って、たくさんワインを飲みたくない場合なら、ワインの瓶を抜くなくても結構です。缶の方はもちろん軽く、瓶よりリサイクルしやすいです。

 

 

ワインの新類容器をトライしませんか?下記のお店に見つけます!

サーバーワイン&ワインのグラウラー:

SE Wine Collective

Coopers Hall

 

間ワイン:

Enso Winery

New Seasons Market

Whole Foods Market

 

 

                                                                                    •••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアーはこちらへ。ワインツアーはこちらへ。スピリッツツアーはこちらへ

 

 


 

 

 

 

 

 

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.