日本クラフトビールの映画を作る若ポートランダー

October 29, 2016

今回のエントリーで素晴らしい若者を紹介したいと思います。Talon Sherer(タロン・シェラーさん)とElijah Sprints(イライジャー・スプリンツさん)は6年前に大学時代に出会った仲間たちです。同じ大学では、2人ともはデジタルアーツ及び日本語を勉強しました。彼ら2人は同じ川崎市の専修大学で留学して、現在同じポートランド市で暮らしています。そして、タロンさんとイライジャーさんは同じくクラフトビールが大好きです。
 

ベストフレンドのイライジャーさん(左)、タロンさん(右)

 


 

多くの共通点によって、お二人はかなり面白いプロジェクト目指しています:日本のクラフトビールに関する映画を撮影します。ご家族の応援やガイダンスによる4年前からタロンさんとイライジャーさんは企画を立っていて今年の12月に日本へ行きます(イライジャーさんのお父さんはポートランドの名ブルワリーのヘア・オブ・ザ・ドッグの設立者のアレン・スプリンツさんです)。
 

イライジャーさんのパパ(アレンさん)と一緒

 

 

 

映画のフォーカスとしては、「日本ではクラフトビールの役割」です。もちろん、日本のクラフトビール産業歴を紹介したいですが、クラフトビールとコミュニティー(人物、地域性)の繋ぎも明らかにしたいです。ですから今年の12月から2017年の3月まで日本全国へ巡ってブルワリー、クラフトビアバー、酒販店、業界の方々を撮影する予定です。 ルートはまだ決めていないですが、来年の3月に「SNOW MONKEY LIVE」へ絶対行くらしい。楽しいそうなぁ。。。


 

映画のストリー、ロケ、撮影する人物はまだ未決定です。タロンさんとイライジャーさんは日本へ行って少しリサーチしてから映画のコンテンツを決めそうです。できれば2017年内に映画を完成する予定があります。その前に映画の予告編をリリースします。実は、ヘア・オブ・ザ・ドッグ、志賀高原そしてオランダの Brouwerij De Molen のコラボビールを扱う映画をすでに出しました
 

志賀高原の佐藤さん!

 

 


なお、タロンさんとイライジャーさんはまだ若くてこれから映画の内容を決める必要があります。ですから、お二人に少し応援が必要です。まず、日本にて映画を撮影するために予算金を集まらなければなりません。そのため、クラウドファンディングをしています。今まで予算の50%を集まっていますが、まだまだお金が必要です。クラウドファンディングのサイト及び動画はこちらへ。このサイトでは、クレジットカード払いでタロンさんとイライジャーさんのフィルムプロジェクトに寄付できます。

 



 

そして、映画の計画を立って撮影するため、クラフトビール業界の様々な方に会いたいです。ですから本ブログの読者は12月からタロンさんとイライジャーさんにお会いできれば是非彼らにご連絡ください。連絡先は下記に載せてあります。

 

 

お二人は若精神できっといい映画を作ってくれると思います。2017年に見るのはスゴくお楽に!

 

 

The Craft Beers of Japan」クラウドファンディングサイト:www.gofundme.com/craftbeeru
The Craft Beers of Japan」ホームページ:www.craftbeeru.wordpress.com

タロンさんのメール:sherertalon@gmail.com

イライジャーさんのメール:esprints@gmail.com

 

 

 

                  •••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアーはこちらへ。ワインツアーはこちらへ。スピリッツツアーはこちらへ

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.