ラブリュアトリーのチャーリーさんと一緒の来日!

August 20, 2016

今回のエントリーで少し嬉しい発表があります。去年に紹介したLabrewatory(ラブリュアトリー)のCharlie Johnson (チャーリー・ジョンソン)さんは今月末に初めて来日します!チャーリーさんは昔から日本へ行くことが大きな夢であり、やっと実現します。その上、彼の大希望は日本人のクラフトビール愛好者にたくさん会って彼は作ったビールを飲んで頂きたい!

 

 Craftbeer PUB Twelveのケンさんと。

 

 


チャーリーさんは本当に面白人です。高校時代にケグ(サーバー)ワッシャーを始め、現在ビール設備メーカーの「Portland Kettle Works」の「Labrewatory」事業のヘッドブルワーとして勤めています。 チャーリーさんはアメリカのUC Davis校の発酵工業学部のドクターコースから卒業し、ワシントン州、カリフォルニア州の様々なブルワリーで醸造する経験があります。2011年、チャーリーさんはネバダ州の「Brewer's Cabinet」ブルワリーを立ち上げ、その後に2つ目の醸造所を設立しました。今年に2つの醸造所を売り、ポートランドのテストや実験用スモールバッチビールを作るLabrewatoryへ転職しました。

 

 チャーリーさんは自分で収穫したゴルデンラズベリー。

 

 

 

サイドプロジェクトとしてチャーリーさんはRonin Project(浪人プロジェクト)もやっています。そのサイドプロジェクト名の意味は浪人のよう大名(上司)も居なく、国(醸造所)もないだそうです※。面白いね。。。要するに浪人プロジクトによってチャーリーさんはファントムブルーイング(醸造所貸切方式)で好き放題の様々なビールを醸造します。チャーリーさんの方針は「クラフトマンシップを尊敬しろう」。浪人プロジクトの上、彼は他のクラフトブルワー、ファーマー、麦芽製造者、ハードサイダーメーカーやその他の職人さんとよくコラボ作業します。 これから浪人プロジクトは20種類のビールシリーズを出しますが、今夏に日本人に飲んで頂きたいのはそのシリーズの第一弾です。

 

 レイちゃん、チャーリーさん、BTUブルワリーのネイトさん、チャーリーの彼女のリサさん。

 

 

 

自分は作ったビールを日本人に飲んでいただくことがチャーリーさんの大希望ですから日本にて様々な「ブルワーに会おう」イベントのご参加してくれます。 チャーリーさんはスゴく明るく、ビールにスゴく熱心があるナイスガイです。是非、下記リストアップされているイベントへ行ってチャーリーさんのビールを飲んでください!なお、僕はRISE & WINCraftbeer PUB TwelveWatering Holeのイベントにお邪魔しますのでお時間があれば是非ご挨拶しに来てください!

 

 

※ ポートランドにの家もないです。チャーリーさんは友人の家に泊まっています!

 

 

 

「ブルワーチャーリーさんに会おう」イベントの日程:

 

8月28日(日):Curry and Beer Festival(チャリーさんはビールポーリンぐを!)

 

8月30日(火)の18:30〜19:30:RISE & WIN(東麻布のTaproom

 

8月31日(水)の19:00〜21:30:Craftbeer PUB Twelve

 

9月1日(木)の18:00〜20:00:Watering Hole
ポートランド クラフト ビール ツアー 日本語 観光 ワイン スピリッツ
ポートランド クラフト ビール ツアー 日本語 観光 ワイン スピリッツ

                  •••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアーはこちらへ。ワインツアーはこちらへ。スピリッツツアーはこちらへ

 

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.