ポートランドのクラフトビアバーで働きませんか(マジで)?

April 18, 2015

ポートランドでは、ものすごく面白いクラフトビアバーがあります。2013年にオープンされたOregon Public House(オレゴン•パブリック•ハウス)はアメリカの初非営利パブです。Have A Pint Change The World(ビールを飲んで世界の改善を!)の方針によってパブの利益の全てはチャリティー(非営利団体)へ寄付されます。その素晴らしいアプローチによって6つのチャリティーの支援をしています。ポートランドのローカルメディアによく注目され、有名なガイドブックのTRUE PORTLANDにもオレゴン•パブリック•ハウスがフィーチャーされています。

 

 

 

場所はノースイーストポートランドです。同じ近所にブレークサイドブルワリーブッシュワッカーのサイダーパブもあります。インテリは格好いいです。全てはボランティアに造られた!お店の前にピックニックテーブルはありますのでいいお天気の日(または夜)に外で美味しいビールを楽しめる。

 

 2013年から集まって寄付金額!

 

 

タップは12個です。提供されるビールはほとんどオレゴンのクラフトビールであり、サイダーやワインもあります。フードメニューももちろんあります。お客さんはドリンクやフードを注文する時にお好きなチャリティーを選びます。そうすると会計から出る利益はお客さんが選んだチャリティーに寄付されます。面白くない?!

 

 友達のあちこさんはボランティアとしてオレゴン•パブリック•ハウスで働いた!


 

オレゴン•パブリック•ハウスのもう一つの面白い特徴があります。非営利パブですからボランティアのスタッフが多いです。ボランティアたちは様々な作業をします。例えば、お客さんにご飯を出したり、パブのダイニングルームのお掃除したり、お皿を洗ったりをします。お金は出ないけど4時間のシフトをするビール一杯と食事がただでいただく! 

 

シフトは一回でも結構です。ようするに最低なシフト数の約束をしなくてもいい。ですから一回だけビアバーの体験をしたければ全く問題がありません!

 

 でも、シフトを何回するとTシャツをもらいます。。。

 

 

そして、ちゃんとした(お金が出るような)お仕事ではなく、ボランティアですからビザを持っていない日本人でもオレゴン•パブリック•ハウスで働けます!実際には日本人ボランティアがとってもウエルカムです。オレゴン•パブリック•ハウスの設立者たちによって今までに日本人ボランティアは何人がいまして皆はいい仕事をしてくれました。日本人の評判はいいみたいです!
 

 設立者のライアンさん(左)とボッブさん(右)



僕の友達のあちこさんは8回くらいにボランティアシフトをしました。あちこさんによりますと本当に楽しい体験でした。英語はより上手になりながらポートランドの文化に関するお勉強になります。社会貢献もなりますし。当然にただのクラフトビールがメリットです!一生に忘れられないことだろう。。。

 

 いいね!


 

オレゴン•パブリック•ハウスでボランティアをしたい方はvolunteer@oregonpublichouse.comまでメールをどうぞ!
 

                  •••

 

オ州酒ブログのツアーに参加しませんか?ビールツアーはこちらへ。ワインツアーはこちらへ

ポートランド ビール 非営利  ポートランド ビール 非営利  ポートランド ビール 非営利

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.