ポートランドのクラウラー専門店ガイド

February 1, 2015

オレゴンやポートランドでは「グラウラー」というビール容器は4〜5前から人気になっています。グラウラーの御陰さまでクラフトビール好きのポートランダーたちは幅広い生ビールスタイルを安くてどこでも(家、キャンプ、ホームパーテイー、など)飲めます。ところで「グラウラーって何?」と思う人ならぜひグラウラーを少し説明する「生ビールブログ」のエントリーをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「グラウラー」という容器(右)に64オンス(約1900ml)のビールが入ります。

 

 

 

以前からグラウラーフィル(グラウラーを生ビールで埋めること)をするため、お客さんはビール醸造所またはビアバーへ行きました。でも、ポートランドは「ビール天国」ですからやっぱりグラウラー専用店が2013年ぐらいから沢山誕生しました。つまり、特にグラウラーフィルをしたいお客さん向けのサービスを提供するお店がポートランドで多くできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Growler Guys」というグラウラー専門店

 

 

僕は個人的にブルワリーまたはビアバーでグラウラーフィルをすることが充分と思っています。でもやっぱり、グラウラーフィルをするならグラウラー専門店のメリットがたくさんあります。まずはスピードです。通常のグラウラー専門店ではテーブルサービスがなくてご飯を提供しない。ですからグラウラーを持ちのお客さんは直接にカウンターへ行って、グラウラーフィルを頼んでスタッフはすぐにグラウラーを埋める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Growlers」ではテーブルも無い!

 

 

グラウラー専門店のもう一つのメリットはビールの選択です。ブルワリーのタップルームと違って様々なブルワリー、様々なスタイルのビールを提供します。例えば、「Growlers」には40タップがあります。「Growler Guys」なら何って48タップがあります!シドル(サイダー)やワインのグラウラーフィルを提供するグラウラー専門店もあります。

 

そして専門店によって特別なグラウラーフィル機械があります。「Tin Bucket」の機械はブルワリーのボトリングラインのようにグラウラーをフィルする。ようするにビールの品質を守るためグラウラーから酸素を取り出します。ビールとフタの間に二酸化炭素の層を入ります。その結果、ビールがより長く美味しくて炭酸が逃げない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Tin Bucketのハイテクグラウラーフィラー

 

 

当然にグラウラー専門店ではグラウラーそのままがたくさん販売されます。色々な形、色、材料(例:グラス、金属、プラスチック)があります。グラウラーの半サイズの「グラウレット」もあります!ポートランドからのお土産としてグラウラーは結構面白いですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しお洒落なChill N Fill

 

 

ポートランドのグルラー専門店へ行くなら下記のお店がお勧めです:

 

Growler Guys:ビールやサイダーの選択はものすごく広くてスタッフは優しい。お店ではパイントも飲める。
 

Growlers:ホーソン・ディストリクトにある専門店。グラウラーフィルオンリーのお店ですからサービスが早い。
 

Tin Bucket:上記のお店。グラウラーフィラーは素晴らしい。その場でパイントを飲める。ボトルショップもします。

 

Chill 'N' Fill:日本人は滅多にに行かないノース・ポートランドの近所に位置する専門店。他のお店より狭くて可愛いです。ビアバーもなっています。
 

The Big Legrowlski:このグラウラー専門店はパール地区にあり、とっても便利な場所です。インテリアは凄くクールでリラックスです。

 

ポートランドグラウラー ポートランドグラウラー ポートランドグラウラー

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.