2014年のオレゴンお酒トレンド

January 3, 2015

皆さん、明けましておめでとうございます!2015年は凄く楽しい年になりそうです。後ほど2015年の新しいことを発表しますが、その前に2014年のリビューをしたいと思います。一年中に大勢な業界の人々(ワイン・メーカー、ブルワー、バー・オーナー、シェッフ、営業マン、ツアー会社のスタッフなど)とお話をして下記のトレンドを観測しました。

 

 

ラガー、サワー、樽熟成クラフトビールがより人気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレゴンでは、IPAはビールスタイルの「王様」です。しかし、2014年にIPA以外のクラフトビールスタイルが急に人気になりました。オレゴン人はもしかして新しい味を求めたでしょうか。

 

人気になってビールの一つはプリズナースタイルのラガーでした。ようするに大手メーカーのラガーの美味しいクラフトバージョン。夏のリリースが多くて2014年の暑い天気にやっぱりラガーが爽やか!

 

2014年にサワービールの人気も伸びた。以前、カスケード・バレル・ハウスは「サワーの独占」でしたが2014年に多数なブルワリーはサワービールを提供しました。その結果、サワーの値段が安くなりました!

 

樽熟成のビールも2014年に多かった。統計は出ないけどほとんどのポートランド醸造所はバレルエイジビールを出しました。樽熟成ビールのショーケースイベントは相変わらず12月のホリデー・エール・フェスティバルでした。

 

 

 

クラフト醸造所の競争が激しくなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年にポートランド市内の醸造所数は55件でした。2014年にその数は58件まで伸びました。世界一ビール醸造所が集まる街ですね。おかげさまでポートランドは「ビール天国」です!

 

しかし、その数に関してマイナス点があります。やっぱり60万人の街にそのたくさんの醸造所になると市場普及の可能性が高い。2015年にポートランドの醸造所数はさらに増えると思いますが2014年にセールスがやっぱりきつくなりました。その結果、2014年にポートランドのブルワーたちはポートランド、オレゴン以外の市場を探してディストリビューションチャネルを拡大しました。2015年にそのトレンドが続くだろう。

 

 

 

サイダーの大登場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年に「サイダー・ブーム」をよく感じました。大体どこでものビア・バー、ビール醸造所のタップルームにてサイダーのチョイスが提供されました。スーパーへ行くと幅広いサイダーがディスプレイされました。サイダー専用タップルームもできました。2年前に、サイダーは静かな存在をしていたけど2014年にその存在はかなり大きいになった。

 

サイダーの人気の理由がたくさんあります。まず、オレゴンのサイダリーな結構面白いサイダーを造っています。通常のりんごサイダー以外にフルーツ、ホップ、様々な酵母を使用するサイダーもあります。ビールのように新しい味がどんどん誕生され、飲むのは楽しい。もう一つの理由は女性に人気度です。ビールが好きではない女性にサイダーは低アルコール美味しいオップションです!

 

 

 

オレゴンビールがやっと日本上陸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレゴン・ポートランドは「ビール天国」なのにオレゴンのビール(ローグ以外に)は以前に日本で手に入りなかった。ずっと残念と思った!でも2014年に、その悲しい状況はやっとかわりました。

 

2014年に中目黒のHatos BarはGigantic、Upright 、AlamedaとOccidentalの美味しいビールを輸入してお店で提供しました。そして「枯れずのビア」は2014年の秋からColumbia River Brewing、Coalition、Commons、Mazama、Fire Mountain、BurnsideとGilgameshの販売を始まった。今、たくさんのオレゴンビールが日本で飲めます!

 

 

 

ワイン産業の拡張

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年にオレゴンワインは以前のトレンドを伸ばして業界が大きくなりました。2012年にオレゴン州のワイナリー数は545件でした。しかし、2014年にその数は601件になりました。

 

特に面白いのは「アーバン・ワイナリー」の ことだ。そのワイナリーはオレゴンのワイン産地からぶどうを購入してポートランド市内でワインを造ります。アーバン・ワイナリーは結構新しいコンセプトによってほとんどの市内ワイナリーが若いです。しかし、毎年にワイン造りの経験はよくなってますます美味しいワインを提供しています。

 

 

 

オレゴンさんのスピリッツはこれから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年にオレゴン州内の蒸留所数は30以上になりました。ビール醸造所、ワイナリーのようにオレゴンの蒸留所の件数は毎年に上がっています。全ては小さくてクラフトスピリッツを造ります。オレゴンの美味しいウォッカー、ジン、ウイスキー、ラム酒などが結構あります!

 

 

しかし、オレゴンの蒸留所に主な課題があります。一つはやっぱりオレゴンのビールやワインの存在があんまり大きくてスピリッツがそんな注目されていない。クラフト(職人意識で造られた)ものが大好きのオレゴン人はクラフトスピリッツのことをまだ認識していないかもしれません。もう一つのチャレンジは流通です。オレゴンではスピリッツの販売は認定されたお酒屋さんに限っています。ようするにスーパー、コンビニにないのでスピリッツを買うことが少し面倒くさいです。

 

 

 

 

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.