日本にてPortland Style Beer Supperを提供する女性

December 13, 2014

先週、凄く面白い人にお会いすることが出来ました。Stacey Givens(ステーシー・ギヴェンズさん)はポートランドの地産地消ムーヴメントの大物です。ステーシーさんはポートランドのThe Side Yard(ザ・サイド・ヤード)というアーバンファームのオーナーです。ポトランド市内で育った野菜やフルーツをポートランドのレストランを供給します。そして15歳にレストラン業界で初めて勤めたステーシーさんは「Nomadic Chef」(遊牧民チェフ)です。森の中、人の庭、ホップの牧場などにてローカルフード使用のブランチ、ディナーを提供します。凄い人!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ステーシーさんは今年に2回日本へ行って「ポップアップ」ブランチやディナーをしました。さすが遊牧民チェフだね。。。 2014年3月に日本のローカルファームの新鮮な素材使用ブランチ(鎌倉で)及びディナー(京都で)を調理してくれました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして今年の11月にステーシーさんは日本に戻って又ポップアップディナーを用意してくれました。場所は滋賀県近江八幡市の「bistro だもん亭」でした。素敵な店だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ディナーメニューのタイトルは「Portland Style Beer Supper」でした。ポートランドなりのビアディナーの意味ですね。ステーシーさんは当然に滋賀県のローカルな素材がたっぷり使いました。例えば、カボチャ、ジャガイモ、柿、山芋など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ディナーの5コースづつにポートランドのクラフトビールをペアーリングしました。それぞれのコースにビールスタイルが違いました。ペアーリングしたビールはステーシーさんが大ファンのThe Commons Brewery(コモンズ・ブルワリー)です。コモンズはポートランド地元民に大人気でベルジャン、フランススタイルビールの専門醸造所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ステーシーさんによってコモンズのクラフトビールはザ・サイド・ヤードの「正式なビール」です。フレーバープロフィールがユニークであり、ワインのように美味しいペアーリングができる。近江八幡市のディナーにステーシーさんは素材としてコモンズのビールを使用しました。本当にコモンズのファンだね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2015年にステーシーさんはまた日本でポップアップディナーを開催するつもりです。場所はおそらく東京になります。次回、コモンズ以外にポートランドのアーバンワイナリーのワインとペアーリングをするらしい。お楽しみに!

タッグ:

Please reload

A Slabtown Language Works, LLC project.  All rights reserved.